携帯・スマホをお持ちの方は
空メール送信でも電子書籍を
ダウンロードできます

 

多数の読者の声

 2章は、かなり読む価値あると思います。この章だけでも、多くの人が時間を忘れて読み入ってしまうと思います。紹介されている思考法のどれも素晴らしいものだったけれど、個人的には、「メンタルブロックの解除」は、読んでいて鳥肌が立ち、その箇所だけで3回くらい読み返しました。
 章末にコラムが入っているのも、僕としては面白くて、読書経験の浅い僕でも最後まで読みきれました。久しぶりに友達にも共有したいと思えた本でした。

 この本を読むことができてよかったです。私も経済的も豊かになれたらいいなぁと思って、それなりに家計のやりくりなどを頑張っていたのですが、この本を読んで私は一体何をしていたのかなぁーと、つくづく思います。動いている、前進している気になっていただけだと本気で気付けました。
 自由を得るために何をするべきか、わかったというか、腑に落ちたそんな感じです。これから、出遅れた分を巻き返すために本書を参考に頑張ろうと思います。

 自分は、完全に方向違いな努力をしていたことに気がつきました。経済的自由を得るために、必死に働いて収入を増やすことが、今抱えている不安感や憂鬱感を拭い去ってくれるものとばかり考えていました。
 いくらお金を手にしても、精神的に、時間的に自由でなければ、私が考えている理想には近づけないと感じました。これまでに経験のない人生観に触れられた一冊でした。

 「自由」ってそんなに簡単に手に入らないし、手に入れられた人は特別な人だと信じていました。そんな私でも、1章を通して「自由」とはどういうことかを考えさせられ、2章3章でその実現へと背中を優しく、けれど、強く押して頂けたように感じました。
 知らず知らずのうちに、本当にやりたいことを諦め、手の届く範囲でやりたいことを見つけ出していただけて、常識から解放された感覚を感じられたのも私にとっては大きな収穫です。やりたいことに、挑戦してみます。

 私は、ビジネスである程度は稼げているのですが、そんな私でも学ぶべき点は多かったように思います。率直に、学生でここまで考えられていることは素晴らしい。
 ビジネスで成功して経済的な不安をなくす方法は、数多く存在するでしょう。この本で語られていることも一例であると思います。ですが、私を含めさらなる成功を手にするための必須のスキルがこの本には記されています。参考にさせていただこうとと思います。

 自己実現についてわかりやすく書かれていて、この類の本は初めて読んだのですが、スッと理解できました。ビジネスに少しだけ興味があるくらいで、知識がほとんどない状態で本書を読んだのですが、3章は「起業」について基礎的なところから説明されていて、それでいて実践的な内容も織り込まれていて大変参考になりました。
 本書を通して、ゆきむらさんの経験やそこから得た知識やスキルを一気に知れたことは、これから何かを始めたいと思っている私にとって、ラッキーでした。私のバイブルとして何度の読み返したいと思います。

好きなことや興味分野をお金に換えるマネタイズ方法とは

「Monetize—知識をお金に換えるTips」では、あなたのもっている知識や経験をお金に換えるロジックについて解説しています。ここでの知識とは、「経済学」や「法学」というような学問の知識のことではありません。あなたの好きなことや興味のある分野の知識をマネタイズする方法です。

本書のゴールは、好きなことをする→その知識や経験をお金に換える→そのお金でまた興味のある分野を深める→その知識や経験をお金に換える…といったようなスパイラルに入ることですが、そのためにはビジネスのロジックや視点を学ばなければいけません。

本書は初心者でも理解できるように、私の失敗体験やストーリーとともに、知識をお金に換えるためのロジックや視点をたっぷりと語っています。

announceimg

自己実現を果たすための条件とその達成方法とは

世の中の人間は4つに分けることができます。1「好きなことをしながらも、経済的に裕福な人」2「好きではないことをしているが、経済的に裕福な人」3「好きなことをしているが、経済的な問題を抱えている人」4「好きではないことをしている上で、経済的な問題も抱えている人」の4つです。

理想は1の部類に入ることですが、ほとんどの人は2か3の部類で、運悪くも4の部類に入ってしまった人が少数という割合でしょう。私としては、どうしても1の部類に入りたかった。結果はどうあれ、1を目指さず諦めることはありえませんでした。

そんな私が「好きなことをしながらも、経済的に裕福な人」になるために実践したことや、経験を本書でお話ししていきます。そのほかにも1の部類に入るための条件や考え方や目標設定方法についてもご紹介しています。

announceimg

資本主義社会を勝ち残るための6つの思考戦略と行動とは

「天は人の上に人を造らず人の下に人を造らず」という言葉を誰もが聞いたことがあると思います。福沢諭吉が説いた「人はみんな平等」ということを意味する言葉です。あなたはこのフレーズの続きを知っていますか?続きをフランクに要約すると次のようになります。

「人は生まれた時点では平等だよね。というか、そうあるべきだよ。でも、世の中には貧富の差が絶対にあるよね。何でだと思う?それは学問を修めたか、そうでないかで貧富の差が生まれてるんだよ。だからみんな勉強をすべきだよ。逆に言えば、学問を修めれば裕福になれるのだから。」ということを言っています。

つまり、裕福になり社会で勝ち残るためには、「考えて行動」する必要があるわけです。考えて勉強した人間だけがこの資本主義社会で生き残ることができます。本書では、正しい行動がとれるように本質的な思考戦略からお話しています。

announceimg

個々人でも大企業に優る事業の作り方とその仕組み化方法とは

知識をお金に換えるためのロジックや正しい思考を持っていても、ノウハウやスキルがないとなかなか行動できません。本書はビジネス経験がない人でも読めるようになっていますが、知識をお金に換えることが本当に可能ということを理解してもらうために少し実践的な内容も解説してます。

具体的には、ノーリスクで好きなことや興味のあることを収益化するマーケティングプランや、その実例などを誰にでも分かりやすい事例でご紹介しています。

初心者でも取っ付きやすいように、ビジネスのエッセンスとなる視点や戦略のみを抽出してお話していますので、「こんな世界もあるんだ」という感覚で楽しんで読んでいただけたら幸いです。

announceimg

携帯・スマホをお持ちの方は
空メール送信でも電子書籍を
ダウンロードできます

著者:ゆきむら

都内でコンサルティングを本業とする23の若手。大学では情報工学を専攻するも、心理学や経営学、社会学など広い範囲に渡って学んでいる。

現在はコンサルティング業の傍、日々のアウトプットをかねてメディアや無料メルマガを運営中。

announceimg

公式メールマガジン

ゆきむらの公式メールマガジンでは、ビジネスに関する実務的な知識だけではなく、情報学、社会学、心理学など様々な知識を日常にどう結びつけるかを解説し、日々の生活をより豊かにするための情報を発信しています。

様々な知識をどうビジネスに活かすか、ということも解説しているので、自分の持っている知識や経験をマネタイズ(収益化)する方法が学べます。

メルマガと言いつつも、自分と読者のみなさんが共に知識をシェアし合い、成長できるようなコミュニティになっていますので、老若男女誰もが楽しめるメルマガです。

announceimg

0から価値を作り出しそれをお金に換える方法(マーケティング)が学べます

何の実績もないただの22歳大学生が、インターネットに繋がったパソコン1台で経済的自立を果たせたのは、私が常に新しいマーケティングを追いかけたからです。

私は独学で学んだ「知識」と「情報」だけを頼りに起業し、自分が楽しいと思えることをしながら経済的に裕福になるための力を身につけました。

そんな知識や情報を、経営者から会社員、主婦、学生などすべての方が今の生活の質を一段階レベルアップさせて「好きなことしながら、経済的にも裕福」な状態を作り出すためにお伝えしてきます。

努力なしにとか、楽に稼げるなんてことは言いません。しかし、正しい方法を学べば、資金や人脈、才能がなくとも価値を生み出してお金に換えられるということをメルマガを通して実感していただきます。

announceimg

大学生だったゆきむらが在学中に経済的・時間的自由を手に入れた過程を知ることができます

ゆきむらがどのように考えて、行動し、何をして経済的自由や時間的自由を手にいれたのかを失敗談や成功体験を交えてお届けします。

起業したからこそ見える世界もあって、普通に生活していたら気づけない視点や考え方もあるわけです。そういった起業家独特のフィルターを通して見えた世界をお話していきます。

もしあなたが個人で独立することを考えているなら、1つの道しるべにもなるでしょうし、何より「こういう世界もあるんだなー。」という程度に、楽しんでいただけたら嬉しく思います。

announceimg

すべての状況で最高のパフォーマンスが発揮できる戦略的思考を手に入れることができます

あなたはプロポーカー選手をご存知でしょうか?彼らはどれだけ手札が弱くとも、頭の中で綿密に練られた戦略で、自分よりも手札が強い相手を圧倒します。

私がメールマガジンで目指すのは、そんなプロのポーカー選手のように、現状がどんな状況であろと、問題を解決し、圧倒する戦略的思考をみんなが脳にインストールすることです。

本能や遺伝を度外視した、資本主義社会を勝ち残るための武器(戦略的思考)をメルマガを通して身に付けていただけます。

announceimg

ゆきむらのメルマガで得られること

 世の中に価値を提供する情報発信力どんなに良い考えを持っていても、それを広める力がないと、何の意味もありません。人に認知してもらってこそ、他人に価値を提供できます。
 そして、価値が提供できるとその対価としてお金をもらうことができます。メルマガを読むことで「人に喜んでもらいながら、経済的豊かになる」なるための情報発信力が身に付きます。

 情報発信力を磨くことで、同時に影響力を身に付けることができます。影響力は悪用こそすれば、一種のマインドコントロールになってしまいますが、うまく活用できると、人を幸せに導くことができます。
 そんなある種のマインドコントロールとも言える影響力を習得してもらい、ビジネスに活かしていただきます。

 私のメルマガは普通に生活してたら出会えないような体験や視点をお届けするので、メルマガを読むだけで日々の会話のタネが撒かれ、会話の芽が育つのでスピーキングに困ることがなくなります。
 また読者の方が面白い体験ストーリーを私に送ってくだされば、それをメルマガ読者全員でシェアし、体験を共有していきます。

 このメルマガでは小手先のテクニックやテクニカルなスキルをより、できるだけ本質を突いたお話をしていこうと思います。そのためどんどん本質を見抜く視点やフィルターが磨かれていくでしょう。
 ビジネスにしても、資格試験にしても、受験勉強にしても本質を捕えると簡単に突破できるということを実感してもらえたらと思います。

 人を集められないとビジネスは成立しません。逆に言えば、人をたくさん集めることさえできれば、収益を上げることさえできてしまいます。
 私のメルマガでは、ビジネスのジャンルを問わず、老若男女全員をターゲットとできるような集客の考え方をお伝えしていきます。

 人にはメンタルブロックというものがあります。例えば「私は才能がないからできない」と思っていたとしても、実は才能の問題じゃなくてメンタルブロックが邪魔していたというケースが多数あります。
 私のメルマガをきっかけに殻を破り、自己実現を果たした方もたくさんおられるので、あなたもぜひその一員になってください。

 たとえどんな壁にぶつかろうとも問題解決力があれば、自分でその壁を乗り越えて成長することができます。私がメルマガでお渡しするのは「魚じゃなくて魚の捕り方」です。
 あなた自身に問題解決力を身に付けていただいて、今後の人生をより良いものにできるようなお手伝いをメルマガを通してしていければ、と思います。

 仕事が早い、記憶力が高い、勉強ができると言われる人に共通しているのは、情報の重要度を付けることが非常に上手です。重要なことにしっかりと優先順位を付け、順に高速処理を行っています。
 ロジカルにモノを捕らえられるようになると、情報の重要度を付けられるになります。そんなロジカルにモノを捕える思考力をメルマガ読者全員で磨いていきます。

 1万時間の法則をご存知でしょうか?人は1万時間その物事に取り組めばプロになれると言われています。つまり、誰でも継続さえできれば、大抵の目標は達成できるということです。ただ、継続を苦手とする人が多いことも事実です。
 このメルマガでは継続のストレスを1割以下にして、目標に向かっていけるような努力の仕方をお話していきます。

携帯・スマホをお持ちの方は
空メール送信でも電子書籍を
ダウンロードできます

 

空メール送信を選択していただくと、メーラーが立ち上がりますので、そのまま何も入力せずに送信してください。自動返信で電子書籍ダウンロードリンク付きメールが届きます。万が一、メーラーが立ち上がらない、空メールやアドレスを送信したが、自動返信が送られて来ない場合は、お手数ですが、もう一度空欄部分にメールアドレスをご入力ください。

また、電子書籍をダウンロードするためにご入力いただいたメールアドレスには、不定期で著者ゆきむらの公式メールマガジンが届きます。ビジネスや日々の生活に有益な情報や様々なコンテンツ(追加プレゼントなど)を配布する予定ですので、主にお使いのメールアドレスをお使いになることを推奨します。

メルマガがご不要の際には、メルマガ本文内の解除案内からいつでも自由に解除することができます。

あなたのプライバシーを全力で守ります

ご入力いただいた個人情報はプライバシーポリシーに基づき、厳正に管理致します。お客様の個人情報の重要性を認識し、盤石の体制で保護します。

外部への共有、貸出し、売却等は決して致しません。

announceimg